ソニックガーデン




【受注生産品】
【※コチラの商品は受注生産品となります。ご注文確定後、納期に3~4ヶ月を要します。】 待望の4弦24フレット・モデル、遂にメトロ・シリーズから登場!

サドウスキー・ブランドの創設者であるロジャー・サドウスキーは、アコースティックギターの製作に始まり、エレクトリック・ギターやベース、チェロ、ヴァイオリンなど様々な楽器のリペア/モディファイの経験を経て、1979年9月、顧客の多かったブロードウェイに遂に自身のショップをオープン、主にニューヨークのスタジオ・ミュージシャン等を中心に、数々の楽器のリペアやカスタマイズを手掛け、ウィル・リーやマーカス・ミラーといったトップ・プレイヤー達との出会いと、アクティヴJBを世に広めた第一人者としてその名を全世界に轟かし、その名は今尚、燦然と輝き続けています。
本メトロ・シリーズは、サドウスキーが長年培ってきた製作方法、クオリティはそのままに、日本で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、アジアをはじめ、全世界へ送り出されるシリーズで、しかも完全受注生産の為、どこでも手に入る訳ではありません。

以前から多くのご要望を頂いておりました、4弦24フレットモデルが遂に登場です。こちらはNYCでは存在しつつも、日本製のモデルにおいては設定が無く、数年前より計画が進んでいたモデルとして、遂に完成したものとなります。
24フレットまでのアクセスを容易にする為、より深いカッタウェイが設けられ、それに付随しボディ全体が小さめなシェイプとなっています。これは前途のハイフレットのプレイヤビリティは元より、全体的な軽量化、体へのフィット感の向上という効果も大きく、欧米人に比べ小柄な体格の日本人には非常にありがたいシェイプでしょう。
また、その取りまわしの良さは、ライブ演奏時にも効果は絶大で、激しいアクションを伴うライブを多くこなすベーシストには特にお勧めの仕様となっております。
シェイプの変更はサウンドへの効果も大きく、通常のディンキー・サイズのモデルと比較すると、かなりスッキリとした明るいサウンドが特徴となります。小型化によりボディ材の体積が減ってしまうと、ボディ鳴りの無い細いサウンドになってしまうのでは?という不安を感じる方もいらっしゃるとは思われますが、そこはさすがのサドウスキー。明るく歯切れの良いサウンドを再生しつつも、線の細さは全く感じさせない芯の太さは健在です。
ノイズレス対策のスプリット・コイル・ピックアップや、パッシブ・ロールオフ(マスタートーン)搭載のプリアンプなどのアッセンブリーやパーツ類は、既に高い評価を得ている他のメトロ・シリーズと共通となる為、ジャンルを選ばないワイドレンジ、クリアなサウンドは文句なしの完成度を誇ります。また、共通パーツが多いゆえに、既に同シリーズの他モデルを愛用中の方にも、プレイヤビリティの高さ、サウンドのニュアンスの違いの面からもお勧めの一本です。※製品の特性上、木目や色合いは1本ごとに異なります。また、画像は旧仕様のものとなり、現行の商品はヘッドロゴ、ストリングスガイドが変更となっております。

■Neck
Neck: Maple
Fingerboard: Rose
Fret: 24F/ #214
Tuner: Sadowsky OSB-1
Nut: Micarta
T.rod Nut: Spoke Wheel Nut
Finish: Lacquer

■Body
Body: Alder
Body Style: Dinky 4-24 Vintage Style
Bridge: Sadowsky
Pickup: Sadowsky Split JB
Preamp: NYC Preamp
Control:Master Vol / P.U.Pan / Passive Roll Off Tone
(w/Pull Switch for Preamp Bypass) / Treble & Bass

セミハードケース付属

【商品取扱い店舗】
・グランディベース東京(03-6455-1969)

「納品のない受託開発」に取り組む"株式会社ソニックガーデン"の代表を務める倉貫義人のブログです。倉貫自身の言葉で、人材育成からマネジメントまで、ソニックガーデンの経営哲学とノウハウについて、日々の学びから記事にしています。

1 2 3 4 5 12 »